高齢出産ガイドについて

 「高齢出産」とは、35歳以上の年齢の方の初産をさしてそう言うそうです。女性の社会進出に伴う晩婚化で、高齢出産は増加傾向にあります。「高齢出産」と聞くと、なにやら不安に思ってしまいがちですが、高齢出産のリスクとメリットをしっかりと認識し、自分にあったお産や子育てをすると良いでしょう。ここでも、高齢出産のマタニティーライフ、育児と仕事の両立、高齢出産の体験談など、高齢出産を目指す方への参考になる情報を紹介しています。

高齢出産で不安な方へ
私も高齢出産でしたが、これを読んでなるほどな~と感心しきりで、世間で言われている高齢出産の話には間違いが多いことがわかりました。時間がある方は一度読んでみてくださいね。
コンテンツ一覧
高齢出産ガイド 新着情報

35歳以上で初産の場合には、一般的にいうと「高齢出産」と呼ばれます。35歳以上の出産でも、2回目以降の出産に関しては「高齢出産」とは呼ばれないことをご存知ですか?初めての出産と2回目以降の出産では、産道の柔らかさや骨盤の状態などが大きく異なるという観点から、区別されるようになったそうです。高齢出産は、全体の割合からすると、まだまだ少数派です。

厚生労働省の情報によると、2005年における35歳以上の初産は全体の約5%という数値が出ているからです。しかし、高齢出産は増える傾向にあります。その理由の一つに、医療の進歩のお陰で年齢の高い女性が安全に出産することができるようになった点が挙げられます。また、女性の社会進出が進んだため世の中では晩婚化がすすでいます。このような事柄も社会的な背景として考えられます。

高齢出産にはさまざまなリスクが伴うと巷では言われています。例えば、難産になりやすいとか、流産しやすい、ダウン症候群などの染色体異常が起こる確率が高くなったり、妊娠高血圧症候群になりやすい、というような点です。確かに、統計上の数値が示すこれらの確率の年齢による変化は、無視することはできません。しかし、これらのリスクは、数ある妊娠・出産のリスクの中の、一部に過ぎないのです。また、35歳を境に劇的に変化が訪れるわけではありません。35歳以上の妊婦さんが必ずこれらのリスクに見舞われるということではありません。

「高齢出産は怖いから産まない」という選択をするかたも中にはいることでしょう。しかし、20代で出産しても、大変なお産をする人はたくさんいます。なぜ高齢の人だけが、出産のリスクについて知りたがるのでしょうか。若い女性は、それほどリスクの情報を欲しがっておりません。それは出産について自信があるからでしょう。

そして「なんとかなる」と思えるのも若さだからかもしれません。老化とは、そういう勇気を失ってしまい昨日と同じようなことしかできなくなっていくことなのです。20代に出産する人たちも、たくさんの人が帝王切開や流産をしていますし、染色体異常で赤ちゃんを出産することもあります。それでも「やるしかない」と思ったらがんばれるのではないでしょうか。

応援してくれる人は、あなたのまわりにきっといるはずです。もしも、周りにいなければ地域の育児サークルや保健センターなどへ誰かを捜しに出かければきっと道が見えてくるのではないでしょうか。高齢出産で子供を持てば、多くの人が今までと違って自分を発見したような気分になるとおもいます。大人だけの世界で長く生きてきた人にとって予定通りに行くことや、だれかが安全性を保証してくれることに慣れすぎてしまい出産や赤ちゃんには振りまわされるような感じがすることがあります。

しかし、子供や老人、病人、さまざまな人から世界は成り立っています。そしてみんな不確実な命を1つずつ持っており、ある人はその力が弱いけれど、それでも大事に生きています。妊婦さんになるということは、ある意味、若くても高齢でも命がけなのです。そして、元気な子に恵まれれば本当にありがたく感じることができますし、自分の命にも感謝できるのではないでしょうか。

高齢出産のリスクについてご紹介します。高齢出産のリスクとしてはダウン症の発生率が増えるという点があげられます。20代では発生率は1000人中ひとり以下なのですが、35歳では3人くらいになります。そして、40代では10人くらいに増えてしまいます。若い妊娠ではあまり考えないことなのですが、子どもの障害についてきちんと考えることは、高齢出産をする人の「課題」だともいえます。

また高齢出産の場合、帝王切開が増えるという点もあります。妊娠中毒症の症状が重くなる人や糖尿病などの持病がある人、そして不妊治療後に多い「大事を取っての帝王切開」などから、帝王切開率はどうしても高くなってしまいがちです。高齢出産はかなり大変そう、だと感じるかたもいることでしょう。

お産というものは、もともと人生の大仕事だといえます。20代であっても、たくさんの人が困難な妊娠・出産にチャレンジしているのです。流産や帝王切開なども、実は、若い人でも10人に1人以上が経験していることです。卵子の老化の問題は大きいことですが、ひとたび安定期まで入った妊娠であれば現代の高齢出産においてはかなり安全性の高いものになっています。