スポンサード リンク

一般的に35歳以上での初産の場合、「高齢出産」と呼ばれます。35歳以上の出産でも、2回目以降の出産に関しては「高齢出産」とは呼ばれません。初めての出産と2回目以降の出産では、産道の柔らかさや骨盤の状態などが大きく異なるという観点から、区別されるようになったものです。

高齢出産は、全体の割合からすれば、まだ少数派です。厚生労働省の情報によれば、2005年における35歳以上の初産は全体の約5%という数値が出ています。しかし、高齢出産は増加傾向にあります。その理由の一つに、医療の進歩のお陰で年齢の高い女性が安全に出産することができるようになった事が挙げられます。また、女性の社会進出が進み晩婚化したことなども、社会的な背景として考えられます。

高齢出産にはさまざまなリスクが伴うと言われています。例えば、難産になりやすいとか、流産しやすい、ダウン症候群などの染色体異常が起こる確率が高くなる、妊娠高血圧症候群になりやすい、などです。確かに、統計上の数値が示すこれらの確率の年齢による変化は、無視できません。が、これらのリスクは、数ある妊娠・出産のリスクの中の、一部に過ぎません。また、35歳を境に劇的に変化が訪れるわけではなく、35歳以上の妊婦さんが必ずこれらのリスクに見舞われるというわけではありません。

女性が仕事を持ち、どんどん社会で活躍するようになっている現代において、高齢出産は珍しいケースではありません。自分なりの人生を精一杯生きてきた延長線上に、自分が子供を産むのに適した時期が来たのだと、認識しましょう。そして、高齢出産を恐れず、かつあなどらず、年齢のリスクをしっかり理解した上で、赤ちゃんを迎える新しい生活を積極的に楽しみましょう。

35歳以上の年齢での初産を高齢出産と呼びますが、最近では40代での初産も珍しくありません。 30代半ば以降は、女性も社会においてそれなりの立場を築きつつある年齢です。それまでがんばって築いてきたキャリアが、妊娠・出産によりどう変化するのか、不安を抱えている女性は多いのです。また、40代の高齢出産の要因として、晩婚化もその一つと言えます。30代半ばで結婚しても、二人の時間を過ごしてから子供を、と考える夫婦も多く、40代の高齢出産になることもまれではなくなってきています。

40代の高齢出産について、確かに様々なリスクが大きくなることは否めません。しかし、マイナス面ばかり取りざたするのは間違っています。なぜなら、40代という年齢は、抱負な経験に裏付けされた冷静さや、精神的な成熟、安定した夫婦関係、経済的な余裕、などをもたらしてくれるからです。子育てにおいて、これらのものがいかに大切であるか、きっとすぐに実感できるはずです。

確かに40代で初めて妊娠・出産に臨むのは、少々ゆっくりな年齢かもしれません。個人差はありますが、医学上、女性の40代は、生殖機能の衰えを迎える年齢です。しかし、40代という自分の体について、正しい知識を持ちながら妊娠・出産に臨んでいる人は、たくさんいます。そして、40代の高齢出産というリスクを果敢に克服し、元気な赤ちゃんとうれしい対面を果たしているのです。

高齢出産のリスクとメリットは、どのように理解すればいいのでしょうか。まずリスクについてですが、一般に女性は、20歳~44歳頃(成熟期)に、女性として生殖機能が成熟し、最も活発な活動をする時期を迎えます。成熟期前半はそれほど問題は多くないのですが、高齢出産においては成熟期後半に妊娠・出産をするので、徐々に卵巣機能が低下したり、女性ホルモンが減少したりという体の変化を迎えながら、初産に臨むことになるという点が、大きく関わってきます。

成熟期後半は、生殖機能の低下とともに体力の低下が始まる時期でもあります。高齢出産のリスクは、ほとんどがここに起因するものと理解してよいでしょう。具体的なリスクについては高齢出産のリスクのカテゴリで説明していますので、参考にしてください。

次にメリットについてですが、まず第一に、高齢出産のママは豊富な人生経験があるということが挙げられます。子育ては体力も要りますが、人生経験に裏付けされた成熟した精神も、とても大切なのです。何も経験していない若いうちに妊娠・出産をするのと違い、余裕を持って子育てに取り組むことができるという利点があります。

また、仕事のキャリアを積んでいるママであれば、経済的な余裕を得ている場合も多いでしょう。周りに惑わされず、自分の子育て観を確立することも、経験を経た大人の女性だからこそできることです。自分の人生を充分に楽しんだからこそ、子供に惜しみない愛情を注げるという高齢ママさんは、とても多いのです。

高齢ゆえのリスクを回避することはできるのでしょうか。100%避けることは難しいかも知れませんが、それに近づけることはできると言えます。日ごろから生活習慣に気をつけて、年齢リスクの少ない体を作ることを心がけてください。

例えば、若い頃から体力にあまり自信がないという人なら、妊娠前から出産に耐えられる体力作りに励んでください。何か持病のある人なら、信頼できる医療機関を探し出し、妊娠・出産の負担にならないように、治療をすることが必要です。食事や生活サイクルを見直して、改善する努力も大切です。こうしたことで、年齢的なリスクを多少なりとも軽減する事ができるはずです。年齢ゆえのリスクを上手に避けるためには、自分自身の努力を怠らないことと、信頼できる医療機関を持つことが、とても大切です。

また、高齢ゆえのリスクについて積極的に情報収集を行い、リスクに見舞われた時の対処法を確認しておくことも、リスクを最小限に留めるための大切な手段です。ただし、現代においてはさまざまな情報が氾濫していますから、自分にあった情報を上手に選択していくことも忘れないで下さい。また、特に仕事を持つ高齢出産の妊婦さんは、体力的に無理をしないように心がけてください。

高齢出産の妊婦さんの一番の心配は「赤ちゃんが元気に育っているかどうか」ということだと思います。が、「案ずるより産むが安し」という言葉があるように、心配しても仕方のないことは心配せず、できる限り体からのサインに気をつけて妊娠期間を過ごすしかありません。ゆったりした気持ちを維持できるよう、感情をコントロールしていく術も身に付けるようにしましょう。感情のコントロールは、子育てにおいても必須です。

妊娠中は、いろいろなことに神経質になりがちです。高齢出産ともなれば、ちょっとした事でもとても気になる気持ちは分かりますが、妊娠・出産は、長い子育てのスタートに過ぎません。妊娠・出産で精も根も使い果たしてしまっては、元も子もありません。できれば、妊娠中に出産後のさまざまな対策を立てておくことをお勧めします。

まずは産後の育児について、具体的にイメージしてみることをお勧めします。夜中の授乳に耐えられるか、子供を公園に連れて行って遊んであげる体力があるか、子育てのストレスに耐えられるか、いざという時に頼れる人はいるか、などなど。他にも、年齢差のある他のママ友達と話が会うかどうかというようなことも、子育てをしていく上で、意識せざるを得ないものです。自分の社会的な状況が高齢出産をしたことによってどう変わるのか、なども、よく考えておく必要があります。

また、出産後の家計や、将来に渡るマネープランなども、計画を立てておいたほうが賢明です。子供にまだ教育費が必要な時期に、親が定年を迎えるような場合が想定されるのも、高齢出産の一面です。仕事を持つママなら仕事と育児の両立にむけて、産休・育休制度の確認や、復職時期の検討、保育園などの情報収集などが必要です。このように、産後の生活へ向けてしっかり対策を練っておくことも、とても大切なことです。

高齢出産で不安な方へ
私も高齢出産でしたが、これを読んでなるほどな~と感心しきりで、世間で言われている高齢出産の話には間違いが多いことがわかりました。時間がある方は一度読んでみてくださいね。
高齢出産関連ニュース