スポンサード リンク
高齢出産のリスクを上手に避ける

高齢ゆえのリスクを回避することはできるのでしょうか。100%避けることは難しいかも知れませんが、それに近づけることはできると言えます。日ごろから生活習慣に気をつけて、年齢リスクの少ない体を作ることを心がけてください。

例えば、若い頃から体力にあまり自信がないという人なら、妊娠前から出産に耐えられる体力作りに励んでください。何か持病のある人なら、信頼できる医療機関を探し出し、妊娠・出産の負担にならないように、治療をすることが必要です。食事や生活サイクルを見直して、改善する努力も大切です。こうしたことで、年齢的なリスクを多少なりとも軽減する事ができるはずです。年齢ゆえのリスクを上手に避けるためには、自分自身の努力を怠らないことと、信頼できる医療機関を持つことが、とても大切です。

また、高齢ゆえのリスクについて積極的に情報収集を行い、リスクに見舞われた時の対処法を確認しておくことも、リスクを最小限に留めるための大切な手段です。ただし、現代においてはさまざまな情報が氾濫していますから、自分にあった情報を上手に選択していくことも忘れないで下さい。また、特に仕事を持つ高齢出産の妊婦さんは、体力的に無理をしないように心がけてください。

高齢出産の妊婦さんの一番の心配は「赤ちゃんが元気に育っているかどうか」ということだと思います。が、「案ずるより産むが安し」という言葉があるように、心配しても仕方のないことは心配せず、できる限り体からのサインに気をつけて妊娠期間を過ごすしかありません。ゆったりした気持ちを維持できるよう、感情をコントロールしていく術も身に付けるようにしましょう。感情のコントロールは、子育てにおいても必須です。

高齢出産で不安な方へ
私も高齢出産でしたが、これを読んでなるほどな~と感心しきりで、世間で言われている高齢出産の話には間違いが多いことがわかりました。時間がある方は一度読んでみてくださいね。
高齢出産ガイド 新着情報

35歳以上で初産の場合には、一般的にいうと「高齢出産」と呼ばれます。35歳以上の出産でも、2回目以降の出産に関しては「高齢出産」とは呼ばれないことをご存知ですか?初めての出産と2回目以降の出産では、産道の柔らかさや骨盤の状態などが大きく異なるという観点から、区別されるようになったそうです。高齢出産は、全体の割合からすると、まだまだ少数派です。

厚生労働省の情報によると、2005年における35歳以上の初産は全体の約5%という数値が出ているからです。しかし、高齢出産は増える傾向にあります。その理由の一つに、医療の進歩のお陰で年齢の高い女性が安全に出産することができるようになった点が挙げられます。また、女性の社会進出が進んだため世の中では晩婚化がすすでいます。このような事柄も社会的な背景として考えられます。

高齢出産にはさまざまなリスクが伴うと巷では言われています。例えば、難産になりやすいとか、流産しやすい、ダウン症候群などの染色体異常が起こる確率が高くなったり、妊娠高血圧症候群になりやすい、というような点です。確かに、統計上の数値が示すこれらの確率の年齢による変化は、無視することはできません。しかし、これらのリスクは、数ある妊娠・出産のリスクの中の、一部に過ぎないのです。また、35歳を境に劇的に変化が訪れるわけではありません。35歳以上の妊婦さんが必ずこれらのリスクに見舞われるということではありません。

高齢出産関連ニュース