年齢による体の変化

年齢を重ねることにより、女性の体には様々な変化が現れます。妊娠・出産に大きく関係する変化の一つに、まず女性ホルモンの変化があります。女性の体内では、女性ホルモンの刺激により、卵巣で卵胞が作られ、卵子となって排卵が起こります。また、子宮内膜を妊娠に適した状態に整えるのも女性ホルモンの働きによります。このように、月経や排卵が定期的に行われ、生殖機能を維持する為には、女性ホルモンがバランスよく分泌されることが大切です。

 

女性ホルモンは7〜8歳くらいから分泌が始まり、思春期(8〜19歳)に急激に増えます。そして、成熟期(20〜44歳)には安定して分泌され、妊娠・出産に最も適した状態になります。そして成熟期の後半(30代後半〜)には、女性ホルモンの分泌が徐々に変化していきます。30代後半からは、妊娠に必要な排卵が起こりにくくなり、妊娠しにくい体になっていくと考えられているのは、このためです。

 

また、卵巣も年齢により老化します。卵巣機能が活発な時期には卵子も元気なのですが、卵巣の老化とともに、卵子の劣化も起こります。卵子は女性の体内に、赤ちゃんのときからすでに700万個もの原始卵胞があると言われています。生まれてからずっと体内にあるものなので、若い卵子のほうが元気だと考えられています。

 

しかし、女性ホルモンの変化や卵巣や卵子の老化に関しては、個人差が大きいのも事実です。規則正しい健康的な生活を心がけ、ストレスや疲労をためないように気をつけましょう。適度な運動なども取り入れて、自分の体を健康に保つことで、高齢出産のリスクを大きく軽減する事ができます。また、女性特有の婦人病なども年齢とともに増えていきますので、婦人科健診を定期的に受けるなどして、自分の体をよく理解するように心がけましょう。