高齢出産とダウン症の関係

高齢出産における大きな心配事の一つに、「赤ちゃんへのリスクはあるのか」という事が挙げられます。高齢出産の場合、赤ちゃんに染色体異常が現れる確立が高くなると言われています。染色体異常の中で、一番頻度の高いものがダウン症候群です。高齢出産とダウン症の関係が大きく取り上げられているのは、このためです。

 

ダウン症は、21番目の染色体が1本多いことによる、先天性の染色体異常です。知能や運動能力などに発達の遅れが生じたり、心臓に先天性疾患を伴うこともあります。染色体異常の中では比較的軽いものです。一般的にダウン症の発生率は、20歳で1500人に一人、30歳で1000人に一人、35歳で300人に一人、40歳で100人に一人、という割合で確立が上がると言われています。

 

我が子が元気で生まれてきて欲しいと願う気持ちは、赤ちゃんを授かった人なら、誰でも抱く自然な気持ちです。それなのに、高齢出産だからといってこうした数字で脅かされるのはとてもつらいですね。これらの数字をどう捉えるかは、個人の判断によりますが、多くの高齢出産の妊婦さんが「どうしても産みたい」という強い気持ちのもと、勇気を持って出産に臨み、元気な赤ちゃんと対面していることは事実です。

 

また、染色体異常の有無について、対策がないわけではありません。出生前検査といって、出生前に先天性異常の有無を調べる方法がいくつかあります。高齢出産とダウン症の関係には、出生前検査も大きな役割を持ちます。出生前検査については高齢出産と羊水検査のページで詳しく説明していますので、参考にしてください。