高齢出産と不妊治療

高齢出産と並び、現在の妊娠・出産事情におけるもう一つの大きな特徴に、不妊治療が挙げられます。不妊の原因はその人によってさまざまですが、子供が欲しいと思っているのに、医学的な処方を受けないと妊娠できない状況にある人が、多くなっています。長年不妊治療をしてきて、気が付いたら高齢出産の年齢になっていた、というケースは少なくありません。不妊治療と高齢出産の関係を見ておきましょう。

 

晩婚化が出生率を下げているという社会現象が話題になって、数年が経ちますが、その背景には晩婚による不妊リスクの増加があります。年齢が高くなることにより、妊娠する能力(妊孕力)が徐々に低下し、40代で自然妊娠する確率は数パーセントにまで落ちると言われています。30代以降は、不妊の原因となる婦人病の罹患率も高くなります。高齢出産とはいえ、妊娠できたことは何より喜ばしいことなのです。

 

不妊治療は、一般不妊治療に2年位、高度生殖医療に3年位という長いスパンで治療が進められます。長ければ5年間を不妊治療に費やすことになるかも知れません。30歳で治療を始めたとしても高齢出産の年齢で初めて妊娠・出産する、ということは、十分にありうる状況です。こうしたことも考えに入れて、自分が何歳くらいで赤ちゃんを産みたいかを、もう一度よく考えておく必要がありますね。

 

また、不妊治療の後にめでたく妊娠できたというケースでは、多胎妊娠の確率が高いのも特徴です。自然妊娠の場合では、高齢出産だから多胎妊娠が多いということはありませんが、不妊治療(高度生殖医療の場合)の過程において、多胎妊娠になるケースは少なくありません。多胎かどうかは妊娠6週頃から判断できるので、医師の指示に従って、安全に出産できる方法を選択することが重要です。