高齢出産の妊婦の注意点

まず、妊婦さん全般に言えることですが、妊娠中は禁煙・禁酒を敢行し、安易に薬を服用しないようにする必要があります。また、むくみやしびれ、腰痛などのように、大したことのないように思える症状にも、よく注意するようにします。これらが妊娠高血圧症候群(以前は妊娠中毒症と呼ばれていました)などの症状であることも少なくないからです。体重管理を心がけ、太り過ぎないようにすることも大切です。

 

次に、高齢出産ならではの注意点を挙げます。「高齢出産のリスク」のページで述べましたが、高齢出産においては流産のリスクが若干高くなります。現在では、切迫流産と診断された場合でも赤ちゃんの心拍が確認されていれば、ママの努力次第で妊娠を継続することが、かなり高い確立で可能になっています。おなかの張りや少量の出血といった、切迫流産の兆候を見逃さず、すぐに医師の診断を仰ぎましょう。

 

年齢が高くなると発症率が上がるとされているのが、妊娠高血圧症候群です。また、妊娠によって発症、または認識された糖尿病については妊娠糖尿病と呼ばれ、胎児の器官形成期にあたる妊娠初期に、特に注意が必要です。妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病に関しては次のページで詳しく説明しています。

 

仕事を持つ高齢出産の妊婦さんには、会社への報告や産休・育休のための仕事の調整などが必要となります。職場の理解を得て、気持ちよく出産や育児に取り組めるようにしたいものですね。そのためにも日頃から職場で円滑な人間関係を構築しておくことが大切です。忙しい仕事に従事しているため妊娠するタイミングまで上司と相談した、という人もいますよ。

 

高齢出産での妊娠期間中は、何事においても無理をしないことが鉄則です。また、ちょっとした症状でもあなどらず、できるだけ医師の判断を仰ぐことが大切です。出産にむけての体力作りに励んだり、母親学級に参加したり、マタニティー用品や育児用品を揃えたり、各種の申請手続きを行ったりと、妊娠期間中にすることは意外と多いものです。上手にコントロールして無理のないように取り組んでください。