骨盤体操やウォーキングなどの運動

妊娠生活の中に取りいれて欲しいことの一つに、妊婦体操があります。安産のための体作りである妊婦体操を、いくつか紹介しましょう。骨盤体操やストレッチは、股関節を広げて出産の体勢を取りやすくする、骨盤底の筋肉の血行をよくして柔軟にする、などの効果があります。高齢出産の場合、産道が硬くなっているので難産になりやすいと指摘する声もあります(もちろん個人差はあります)。骨盤体操やストレッチに取り組むことで、出産に少しでも自信を持てるようになるといいですね。骨盤の開きをよくする運動と産道を柔らかくする運動を紹介しますので、ぜひ無理なく取り組んでみてください。

 

持久力を高め、体重管理にも役立つウォーキングは、妊婦さんにお勧めの有酸素運動です。腰痛、背痛、静脈瘤などの緩和にも有効です。また、家にこもりがちな妊婦生活のなかで、積極的に戸外へ出ることは、ストレス解消にもつながります。ウォーキングを始める際は、念の為、医師に始めてもよいかどうか確認した方がよいでしょう。無理をせず、1日に15〜20分程度におさえて、自分にあったスピードで、お腹の張りや体調に注意しながら取り組むことが大切です。

 

他に、出産時に必要な腹式呼吸の練習や、腹筋の強化、血行促進のためのマッサージなどもお勧めしたい妊婦体操です。また、母乳での育児をしたいなら乳房マッサージも徐々に進めるとよいでしょう。乳房マッサージはお腹の張りなどを感じたらすぐにやめ、体調に合わせて行ってください。病院や母親学級で指導が受けられますが、最近は36週以降からとしているところもあります。

 

骨盤体操やウォーキング、ストレッチなどの妊婦体操を通して、安産の為の体を作ることは、出産後の育児にも役立ちます。お産が順調に行けば、産後の回復もよいことが見込め、退院時にも体力的、精神的に余裕を持って育児に臨めるからです。高齢出産のママからは、「妊娠と出産で燃え尽きてしまい、その後の育児はヘトヘトの状態で始まった」という声を聞くことがよくあります。そうした状況に陥ることのないように、ぜひ妊婦体操で体力を培っていただきたいと思います。