出産の大まかな流れ

一般的に出産は、陣痛が起こって始まります。陣痛の間隔がだんだん短くなるとともに子宮口が全開し、破水して出産に至ります。陣痛が出産の始まりの目安ですが、破水が先になったり少量の出血などのおしるしが出産のサインとなることもあります。妊娠37週を過ぎると臨月となり、赤ちゃんがいつ生まれてもいい状態ですので、これらの症状が見られたときは、慌てずに病院へ連絡しましょう。

 

入院から分娩第一期までについて説明します。出産のために入院すると、まず診察と検査によってママと赤ちゃんの健康状態が確認されます。必要に応じて心電図をとったり分娩監視装置をつけたりします。始めは10分間隔くらいだった陣痛が、2〜3分間隔くらいになると、子宮口も10cm程度開きます。この時期までが分娩第一期とされています。高齢出産の場合は、子宮頚管が固く閉じているため、子宮口が開くまでに時間がかかる傾向があります。また、陣痛も微弱陣痛であることが比較的多いので、この分娩第一期が長くかかる傾向にあります。

 

陣痛の間隔が1〜2分間隔になり子宮口が全開になると、分娩第二期となり赤ちゃんの娩出が始まります。ここで陣痛室から分娩室に移動します。ママは陣痛に合わせていきみをかけ、赤ちゃんの娩出を助けます。痛みも強くなっており大変な時ですが、分娩室では医師と助産師の助言に従い、できるだけ冷静さを保つようにしてください。赤ちゃんの頭が子宮口から見えるようになることを「排臨」、子宮口から頭が出ることを「発露」と言います。初産の場合はこの時期に会陰切開することが多いものです。発露になったら、ママはいきみをやめて「ハッハッハッハッ」と短促呼吸に変えます。間もなく赤ちゃんの肩が出ます。分娩第二期は平均で2〜3時間とされています。

 

赤ちゃんが誕生すると、分娩第三期です。臍帯の処理と胎盤の娩出が行われます。赤ちゃんは産声をあげ、肺呼吸が始まります。へその緒を切ってもらい、産湯を使うなど、必要な処置を受けます。ママは出産後10分くらいで子宮が収縮し(後産)、胎盤がはがれて出てきます。このとき、軽い痛みを伴う場合もあります。切開した会陰の縫合を受け、しばらく分娩台の上で安静にしているうちに、赤ちゃんとの対面となります。