自分に合った出産方法を

妊娠が分った時点で、具体的に「こんな出産をしたい!」というイメージできる人は、少ないのではないでしょうか。出産どころか、妊娠生活をちゃんと送れるかの方が心配!という気持ちの方が大きいでしょう。しかし、出産方法にはいくつか種類があり、産院によって選べる方法には違いがあります。自分が通っている産院がどんな出産方法を取り入れているか、最初に確認しておくといいですね。出産方法の種類を紹介しましょう。

 

普通分娩における一般的な出産方法には、ソフロロジ―、ラマーズ法、無痛分娩などがあります。ソフロロジーは、呼吸法とイメージトレーニングによってリラックスして出産に臨み、少しでも陣痛の痛みを軽減しようとする出産方法です。ラマーズ法は、呼吸法と自分がリラックスできる姿勢を組み合せることにより、痛みの軽減を図っています。また、ラマーズ法は夫が出産に立ち会い妻のサポートをするすることを推奨しています。ラマーズ法=立ち合い出産のように理解されているのはこのためです。

 

無痛分娩は陣痛の痛みを麻酔で緩和する方法です。出産の進行具合に合わせて、安全性を重視して麻酔薬を使い分けてくれますので、麻酔だからといって極端に心配する必要はありません。痛みが和らぐことで不安が軽減しますので、合併症などを持つハイリスクな妊婦さんは、この方法を医師と検討してみるとよいでしょう。無痛分娩のための麻酔は、局所麻酔、硬膜外麻酔などが主な方法です。

 

ソフロロジー、ラマーズ法は一般的な産科を備えている病院であれば、多くの病院が取り入れている方法です。しかし、無痛分娩は病院によって取り入れているところとそうでないところがありますので、確認が必要です。また、助産院や自宅などでアクティブバース(自分で出産の体勢を決める方法)や水中出産に取り組みたいと思っている人は、自分と赤ちゃんの状態をよく考えた上で決める必要があります。出産途中のトラブルなどにどう対処するかもしっかりと確認しておきましょう。