帝王切開になるとき

帝王切開になるときは、どんなときでしょうか。帝王切開にはあらかじめ手術日が決まっている「予定帝王切開」と、分娩の途中で急遽帝王切開に切りかえる「緊急帝王切開」があります。予定帝王切開になる場合は、さかご、重度の妊娠高血圧症候群、前置胎盤、多胎、未熟児出産、ママの骨盤が赤ちゃんより小さい(児頭骨盤不適合)、持病がある、などの場合です。妊娠37週を過ぎてから手術日を決めます。手術日が決められているので、予定を立てやすいですし、心の準備もしやすいと言えます。

 

一方、緊急帝王切開になる場合は、分娩中の胎児仮死、胎盤機能低下、胎盤の早期剥離、臍帯下垂、臍帯脱出、妊娠高血圧症候群などの急激な悪化、分娩時間の長期化、などです。普通分娩で出産に臨んだものの、分娩中にこうしたトラブルに見舞われた場合は、赤ちゃんとママの安全を最優先して帝王切開に切り替えます。高齢出産の場合、緊急帝王切開になる確率が若干高くなっています。高齢出産の妊婦さんは、微弱陣痛や産道の硬さなどが原因で出産が長引く傾向にありますので、母子の状態を考慮して早めに緊急帝王切開に切りかえるケースが多いのです。

 

帝王切開は、お腹を開いて赤ちゃんを取り出す出産法です。手術は、まず手術前の処置として導尿、血圧計と心電図をセットします。麻酔の後、開腹、赤ちゃんを取り出してへその緒をカット、子宮の縫合、次に腹膜や皮下組織を縫合、入院室へ戻る、という手順で行われます。開腹時には麻酔が使われ、母子の状態によって硬膜外膜麻酔、脊椎麻酔、全身麻酔などが選択されます。帝王切開の手術には硬膜外麻酔や脊椎麻酔が多く使われますが、緊急帝王切開の場合は全身麻酔になることもあります。

 

最後に帝王切開手術の術後について、説明します。手術が終わって麻酔が抜けるまでは無理に動こうとせず、ゆっくり休むことが大切です。麻酔が切れるとしばらくは開腹部が痛みますが、ひどく痛むときには痛み止めを処方してもらえます。手術後1〜2日は安静にし、食事も点滴で取ります。傷の痛みは徐々に引いてきます。抜糸は1週間後くらいに行われます。多くの場合、手術の翌日から歩くように指導されます。その方が回復が早くなると考えられているからですが、無理をせず、自分の状態を見ながら歩きましょう。退院は術後10日前後でする人が多いようです。産後の回復は、普通分娩と変わりません。