高齢出産と母乳育児

赤ちゃんが生まれると、母乳を飲ませながらの育児がスタートします。出産後5日ごろまでに出る、黄色みがかった濃い母乳を初乳といい、細菌やウイルス、アレルギーに対する免疫抗体が豊富で栄養価も高いことから、ほとんどの病院や助産院で赤ちゃんに飲ませてあげることが推奨されています。また、赤ちゃんがおっぱいを吸うと、母乳が分泌されると同時に子宮収縮を促すホルモン(オキシトシン)も分泌されるので、産後の子宮回復にも役立ちます。

 

母乳は赤ちゃんにとっての完全栄養食といわれます。母乳は栄養的に優れているだけでなく、母と子のスキンシップを促します。母乳をあげることは、ママと赤ちゃんの絆を深めるためにも大変よいことであると理解してください。ただ、生後間もなくの赤ちゃんはまだ吸う力が弱く、ママも出産直後は母乳の分泌量が少なく乳腺がしっかりと開通していないので、最初のうちは上手くできないことも多いものです。できるだけ頻繁に吸わせることで母子共に授乳に慣れてきますので、あきらめずに取り組んでください。

 

母乳の出には非常に個人差があります。出産直後から痛いほど胸が張って、赤ちゃんがまだたくさん飲めないため搾乳をしなければならない人や、いくら母乳マッサージをしても胸が張らずに粉ミルクと混合にした、という人もいます。高齢だから出にくいということもありません。最初のうちは、おっぱいの量が足りてるのかどうか分らないという人も多いと思いますが、慣れてくれば分るようになってきます。乳首の手入れや乳房マッサージなどの母乳ケアをまめにする、左右ともまんべんなく吸わせる、リラックスして楽な姿勢で授乳する、などに気をつけて、母乳育児に取り組みましょう。

 

母乳育児をするなかで、一番気をつけたいトラブルは乳腺炎です。乳腺の一部が充分開通せずに母乳が溜まってしまい、そこに細菌が入って炎症が起こる状態のことをいいます。乳房が赤くはれて痛み、発熱します。こうしたトラブルは、できるだけ悪化させずに回避したいものです。産婦人科では、出産後も母乳のトラブルのケアの仕方や母乳育児について指導してくれる「母乳外来」を併設しているところもあります。母乳外来専門の助産院などもありますので、いざというときの為に、ぜひチェックしておいてください。