退院後の過ごし方とラク育

高齢出産で赤ちゃんを産んだママが陥りやすいのが、育児完璧主義です。高齢でできた大事な赤ちゃんだから何もかも完璧にやってあげたい、と思う気持ちが強いようです。しかし、退院後は育児に加えて家事もこなさなければならず、働くママならさらに仕事にも取り組まなくてはなりません。全部完璧にこなそうとしたら、体がいくつあっても時間がいくらあっても足りません。育児は他の人に協力してもらいながら、家事は手抜きできるところはどんどん手抜き、くらいの気持ちで過ごしましょう。

 

退院後のママ達が大変だったことといえば、赤ちゃんの寝かしつけ、夜中の授乳、赤ちゃんが泣き止まないこと、自分が精神的に不安定だったこと、体力の回復が遅くとにかく疲れていたこと、などが挙げられます。でも、高齢出産のママたちの大きな強みは、こうした事態に対して冷静に対処することができるという点です。もちろん、退院直後は生活のペースがつかめず、いろいろと戸惑うことが多いでしょう。自分には豊富な人生経験があり、さまざまな戸惑いを積極的に解決できる力を持っていると、自信を持って毎日を過ごすことが大切です。

 

退院後は、無理をしていないつもりでも、知らず知らずのうちに体に負荷が溜まっているものです。授乳や沐浴などはかなり手足・腰を使いますので、腱鞘炎やぎっくり腰になるママが少なくありません。長時間同じ姿勢をとらない、手首を酷使しない、中腰の体勢を続けない、重いものを持ち上げるときはひざをついて、というような日常生活の中の注意点をもう1度よく確認しておきましょう。

 

退院後の生活は、それまでとはやはり違います。いくらママになったからといって、24時間赤ちゃんにべったりの生活ではストレスが溜まります。週末にパパに赤ちゃんを見てもらって外出したり、電話で友達とおしゃべりしたり、上手にストレス解消してください。また、育児に関する悩みなら市の育児相談などを利用することをお勧めします。助産師や保健指導員などが対応してくれますので、役に立つアドバイスをもらえることも多いものです。公共の機関も上手に利用して、できるだけ「楽して育児」「楽しい育児」=「ラク育」を心がけましょう。