何もかも不安だったけど意外と何とかなった

32歳で結婚と、結婚自体が少し遅かったことに加え、主人がしばらくは夫婦二人でいろいろ楽しみたいという考えだったため、しばらく子供を作らずにいました。2年ほど過ぎた頃、学生時代の友達に次々と赤ちゃんが生まれ、なんとなく私も…みたいな気持ちになりました。でも、まだまだ二人で遊びたい様子の主人になんとなく流されているうちに35歳に。実家の母からは授かり地蔵の情報が沢山送られてくるし、友達は気を使って赤ちゃんの話はしないようになっていました。

 

そこで一念発起して、主人に高齢出産の年になってしまったこと、子供がぜひ欲しいこと、高齢出産にはリスクもあるができるだけ回避できるよう努力することなどを、切実に訴えました。主人も協力してくれ、無事妊娠。でも、妊娠検査薬で妊娠が分かったとたん、猛烈な不安に襲われました。というのも、私は若い頃生理不順で産婦人科を受診した際、子供ができにくい体質で、できてもちゃんと育つかどうかわからない、とまで言われていたからです。今まで気にしないように目を逸らしていましたが、それを医師に言われた時のショックは、主人にも打ち明けられずに私の中にずっとくすぶっていたのです。

 

妊娠が分かって、とにかく自分の不安を何とかしなくてはと思い、主人やお世話になる産婦人科の先生に、独身時代の診察結果を全て聞いてもらい、再度一通りの検査をしました。妊娠しにくいと言われていたのが妊娠できたのだから、あとはちゃんと妊娠を継続すればいいだけです、と医師に言われ、どれほど勇気付けられたことか。でも、妊娠期間中、流産と早産には本当に気を使いました。流産の危険は免れたものの、7ヶ月目で切迫早産になってしまい、出産まで病院で過ごしました。それでも予定日2日過ぎで陣痛が起こり、微弱陣痛で促進剤を使いましたが、最後は無事赤ちゃんを自然分娩で産む事ができました。高齢出産でもできにくい、育ちにくい体質と言われていても、何とかなるものなんだ、と今はとてもほっとしています。