高齢出産関連ニュース

「高齢出産」と言う言葉は最近、よく耳にするようになりましたよね。高齢出産は普通の出産とくらべてみるとどこが違うのでしょうか?また、わざわざ高齢出産として妊婦さんを分けるのか疑問におもいますよね。この世の全ての出産は平等だとかんがえれば年齢がいくつであっても子供をこの世に授かる神秘的行為を年齢が高いというだけで高齢出産として分類するのか不快に感じるかたもいると思います。

 

高齢出産のイメージはどういったものなのでしょうか。それは「危険」、また「大変」というようなマイナスイメージを答える方が多いとおもいます。しかし、どのような出産でも大なり小なりのリスクはあると思います。高齢出産になるとそのリスクを伴う確率が少しだけ「増す」と言われていて高齢出産と言う枠組みは増すであろうそのリスクを妊婦さんが背負わないようにサポートしてあげることを意味しているのかもしれません。

 

高齢出産であっても育んだ命の重さは全く変わらないとおもいます。そして子供を愛しいと思う親の愛情も全く変わらないでしょう。ただ妊娠期と出産に頑張らなくてはならないかもしれません。ママが高齢出産だからと不安がって元気を無くしていては赤ちゃんも心配してしまうかもしれません。高齢出産についてきちんと学んでリスクや不安を解消できれば一番良いと思います。

高齢出産とは35歳以上での初めての出産をむかえるという女性、あるいは40歳以上での二人目、もしくは三人目のお子さんを出産される場合をさしています。35歳や40歳が高齢者なのだろうか?というように不思議に思われるかたもいるかもしれません。一般的に高齢者と呼ばれる方は70歳前後のお年を召された方だとおもいます。35歳や40歳くらいの方たちが高齢者と呼ばれるということは殆ど無いとおもいます。

 

妊娠や出産といった人智を超える世界の中ではさままな統計学的そして医学的にみて妊娠・出産・子育てに絶えることができる年齢は40歳前後の女性の体だと判断されているからです。そのため40歳前後でも高齢というように言われるのです。しかし、これはあくまでも統計の数値をみただけのことなので40歳を過ぎてしまうと妊娠することが出来ない、または子育てが出来ないと言うようなことではありません。

 

間違っても「私はダメなのかもしれない」というように思わないで欲しいのです。もしも、女性が100人いたら100通りの妊娠、そして出産、子育てがあるのです。お母さんになろうとする女性は本当に底知れぬ力をもっているとおもいます。統計上の数値など関係ないじゃないか!というような熱い気持ちを持って高齢出産ライフを計画してみてもよいかもしれませんよ。

高齢出産の語源についてご紹介したいとおもいます。高齢出産という言葉は、WHO(世界保健機構)や日本産科婦人科学会でも定められている「高年初産婦」と言う医学用語が語源とされており、近年では高齢出産を向かえる方が増えてきています。そのためこの言葉は浸透しつつあるとおもいます。WHO(世界保健機構)や日本産科婦人科学会では、高齢出産を少しでもリスクが伴わない妊娠や出産に出来るよう日々研究しているそうです。

 

高齢出産にはリスクがありますが、周りのかたたちのバックアップやこれからの研究成果によってリスクの軽減は期待することが出来るとおもいます。お母さんはあまり不安がらず一生懸命、生まれ出ようとする命を体を張って守ってあげてほしいとおもいます。最近のニュースなどで芸能人や有名人のかたたちが高齢出産したと言う微笑ましいニュースを聞くことが多くなったと思いませす。

 

ジャガー横田さんをはじめとして黒木瞳さん、秋篠宮紀子さまが第3子は高齢妊娠で出産された事が話題になったこともありますよね。どの方の出産も高齢出産を考える女性にとっては大きな力になったとおもいます。高齢出産は今や珍しいことではなく自然なこととして受け入れられるようになってきたとおもいます。

世界でも最高齢で高齢出産をした方をご存知ですか?実は2006年12月に67歳で双子の赤ちゃんを産んだスペイン人の女性が現在では世界最高齢出産者とされているそうです。この方は、不妊治療を行うときに自分の年齢を55歳と偽っていたそうです。そうして不妊治療を受けていたようなのですが、どうしても新しい命を授かりたいと思う気持ちがあったのだと思います。

 

しかし、あまりにも高齢なために子供が成人するまで生きていられるのか?というような心配事や経済的に大丈夫なのか?というような批判する声も見られたそうです。その方は、提供された卵子と精子を人工受精させて出産したので、生まれてきた子どもとこの女性の場合、全く血の繋がりはないそうです。けれども大切に大切に育ててきた命なので母親の愛情は計り知れないと思います。

 

これは、生まれてきてからも変わることの無い母の愛情だとおもいます。血の繋がりを超えて親子の関係が築くことができればとても幸せなことだとおもいます。このスペイン女性は、どうして高齢出産と言う道を選んだのでしょうか。それは分かりませんが高齢出産を考えている女性にとってはとても心強いニュースになったのだと思います。

高齢出産の場合には様々なリスクやトラブルがあると言われています。そのため妊娠初期から妊娠4ヶ月目(安定期)までのあいだは特に気をつけて生活することが必要となってきます。それでなくても高齢出産は不安定なものだとされているため安定期に入るまでは本当に油断することはできないのです。高齢出産では知らないうちに流産していたというような話もよくあります。

 

お腹もまだ目立っていなくて、子宮内の写真を撮ってもまだ胎児と認識することが出来ない期間であり、お母さん自身も「自分が妊娠した」と言う意識が薄くて、ただでもリスクのある高齢出産をあまり意識していないことが原因の一つと言われています。元気な我が子に会いたいと願っているのであれば妊娠したと分かった時点で自分は高齢出産なのだいうような意識を持つことも必要です。

 

そして高齢出産についてきちんと勉強しておき、お腹の中の赤ちゃんを守ってあげましょう。早期の流産は遺伝子異常によるものも多いのでこればかりは、医学の力でもまだ未解明な部分があるそうです。やっと授かったわが子が流産してしまったらとても悲しいことだと思います。妊娠初期に気をつけるべきことで赤ちゃんを守れるのであれば色々なことを試していきたいですよね。

高齢出産で重要なことはどういった点なのでしょうか。高齢出産はリスクばかりが付いて回っているようなイメージがあると思います。確かに高齢出産の場合は、20歳代の妊娠・出産に比べてみるとリスクは大きいとおもいます。もしも、あなたが高齢出産を選択するのであれば特に気をつけたほうが良い点もあります。1つは妊娠することです。

 

高齢出産を選択されるのであれば、まずは大切なことは妊娠することです。これが一番大切なことであると思います。実は高齢出産では妊娠しにくいと言うことが大きな問題点となってきます。2つ目は流産しないことです。色々なリスクもあります、お母さんが気をつけていれば回避できるリスクでもありますが、それと同時に現代の医学でもどうしようもできない流産のケースもあります。

 

こういった点を乗り越えていけば、赤ちゃんに出会うこともできると思いますが、なかなかこればかりは絶対に大丈夫とはいいきれません。出産まで何もトラブルがなく過ごせる妊婦さんもいるかもしれませんが、そうでない場合もあります。お医者さんにきちんとかかり、安静にしなければならないといわれたらきちんと守るようにして妊娠したらお腹の赤ちゃんを守ることを最優先して過ごしていきましょう。

高齢出産とリミットというものは実際にあるのでしょうか。個人的には妊娠・出産については世の中の女性全てが平等だと思います。しかし、医療の現場に携わるお医者様たちの考えとしては現実問題として40歳代前半までがお産のリミットであると考えているそうです。これは妊婦さんにとって少しでもリスクの少ないお産をして欲しいと心から思うお医者様の意見のようです。

 

確かに高齢出産には多くのリスクがあると思います。そのリスクを喜んで背負うという方のほうが稀だと思います。そしてリスクの少ないうちにお産を経験しておいて欲しいというのが現状だと思います。けれども、様々な理由から高齢出産を選ばなければならない方もいると思います。お医者様たちは、そのような方々の為に日々研究の心を忘れないで高齢出産を選択されたお母さん方の為に努力しているのではないでしょうか。

 

高齢出産という選択は決して簡単なことではないと思います。皆が力を合わせ支えてくれることを忘れないで高齢出産ライフを安心して過ごせれば理想的だと思います。高齢出産の場合は、普通分娩出来ないのでは?と思っているかたも実際には多いようです。確かに高齢出産では帝王切開という分娩方法が多いようです。しかし、すべてのかたが帝王切開でお産をするわけではありません。

 

女性はみな、自然分娩で子供を産める力を持って産まれて来ています。しかし高齢出産となると様々なリスクがあるため胎児に負担を掛けないようにと帝王切開の道を選ばざる終えない場合も有ると思います。もしも、帝王切開をどうしても受けたくないという妊婦さんの場合は、妊娠が判った同時に自然分娩に向けて安静と適度な運動を心がけるように努力したほうが良いでしょう。

高齢出産を経て親になるということはどういったことなのでしょうか。高齢出産で心配なことといえば高齢出産と呼ばれる年齢まで、人生を過ごしてきた女性が母親になるということをすんなりと受け入れられるかと言うことなのです。女性は、朝起きたら突然として赤ちゃんが生まれているわけではありません。「トツキトウカ」と言うものはお腹の中で赤ちゃんを育てているということなのです。

 

この「トツキトウカ」と言う期間は。何なのだろうかということを考えてあげて、赤ちゃんの成長過程にとって必要な期間と言う方もいると思います。また、男女が親としての自覚を持つための準備期間だと言う方もいると思います。実際に親になるということは不安なことだと思います。けれども、産まれて来る赤ちゃんはもっともっと不安なはずだと思います。

 

甘えられて頼りすることが出来るのはママとパパだけだからです。けっして無理をしなくても大丈夫です。赤ちゃんの成長とともにゆっくりと親としての自覚も芽生えてくると思います。一番に大切なことは親で有り続けると言うことです。そして常に進行形でいることだと思います。良い親になろうと無理をしなで自然体で赤ちゃんを育てていくと良いと思います。

子供はパパとママの二人で育てるようにしましょう。ママばかりが赤ちゃんの親ではありません。パパも当然のことですが赤ちゃんの親です。高齢出産ともなれば夫婦二人で居た時間が長いこともあります。そしてお互いがお互いを分かり合い信じあっていると思えば、パパは悪気がなくても、「お前なら一人で大丈夫だよな」とか「お前はしっかりしているから」というように普段のように妊婦さんに言うこともがあるかもしれません。

 

けれども、高齢出産を控えていて一番心細いのは妊婦さんなのです。長い人生で初めての出産ということはとても大変なプレッシャーがかかっているかもしれません。一人では到底不安で耐え切れないこともあるでしょう。パパも一緒に高齢出産と向き合ってあげてきちんとママを支えてあげたほうがよいでしょう。たとえ普段はしっかりしていたとしてもママでも不安な時はあるということなのです。

 

また、夫婦二人の時はお互い好きな事を満喫していたかも知れません。けれども、子供が生まれるとなればパパは少し我慢をしなければなりません。もちろん、お小遣いも減るでしょうし当然のことながら子供中心の毎日がやってきます。高齢出産の女性の殆どは出産間際まで仕事をしていた方が多いと思います。そして、まだまだ仕事を続けたい女性が多いはずです。

 

仕事がしたいけれど子供がいるから…と女性が考えるようになれば喧嘩の元になってしまいます。女性は出産によって沢山の制限をされることになります。夫がストレスの捌け口になることも数多く出てしまうと思います。少しでもママのつらい気持ちをわかってあげればママの気持ちも軽くなると思います。そして男性に出来る事は命をかけて子供と奥さんを養い守ることだと思います。

高齢出産と歯の衛生についてご紹介したいとも居ます。高齢出産では女性ホルモンのバランスが変化したり栄養不足のために虫歯や歯周病などの歯の病気が悪化することもあります。常に口の中をきれいにしておくkとが大切です。また、バランスの摂れた食事に気を付けるようにして、それでも悪化するようでしたらつわりの時期が終わったら歯医者にかかるようにしましょう。

 

もちろん歯医者さんでは妊娠していることを医師に伝えるようにしましょう。赤ちゃんが生まれれば忙しくなりますので暫く歯医者にも通えない日々が訪れてしまいます。妊娠中に治せる病気は医師と相談しながら治療していったほうがよいでしょう。最近では、産院が閉鎖していくといった現状がかなりおこなっています。そのため、赤ちゃんを産む場所についてもよく考えなければなりません。

 

高齢出産ではリスクがつきものとなっていますので、何かあったらすぐに対応してもらえるような出産専門医院や大学病院、総合病院でお産をすることをお薦めします。お産のトラブルから妊婦さんをたらいまわしにし結局亡くしてしまったというニュースが以前にも有りましたよね。これは悲しいことですが、現実なのです。子供の誕生日とお母さんの命日が同じ日なんてどう考えても受け入れられないでしょう。このようなことが二度と繰り返されないようシステム改善をしてもらいたいと思います。

最近よく芸能人などでも40代以上の女性が妊娠っていうニュースをみることがあります。高齢出産とは、いくつからなのでしょうか?また、気持ちの問題なのでしょうか?高齢出産と普通の出産って何が違うのでしょうか?女性の健康という点でみても『高齢出産って具体的にどのようなもの?』という疑問がわいてくると思います。

 

『高齢出産』にはWHO(世界保健機構)や日本産婦人科学会が提唱している定義があります。そして、それにはきちんとした理由があります。35歳以上では何が変わるのでしょうか?そして、高齢出産っていくつからなのでしょうか?高齢出産の定義としては35歳以上の初産があてはまるようです。じつは『高齢出産』に関しては厳密な定義はないです。

 

しかし、だいたい35歳以上と考えられています。ただ、『高齢初産』に対しては次のような定義があります。日本産婦人科学会の定義として『高齢初産』は『35歳以上の初産婦』と定義されています。ただしこのことは1993年以降の話です。それまでは『30歳以上の初産婦』でした。社会的に30歳以上の出産が増えたこともありますが、さまざまな結果から実質的に35歳以上だと(とくに初産)色々なリスクが高まることから変更されたようです。

超高齢出産という言葉を聴いたことがありますか?これは50代以降の閉経後の女性が出産することをさしています。閉経後なのになんで出産することができるの?と疑問に思われることもあるでしょう。これは、過去に自分の卵子を凍結しておいたり他の人の卵子を使うことによって、技術的にはできるようになってきています。ただし日本では自分の卵子以外は認められていないそうです。

 

このことは倫理的にみても、哲学的みてもいろいろと難しい問題だといえます。他にも染色体異常という言葉があります。女の人は、生まれたときから体の中に一生分の卵胞を持って生まれてくるそうです。当然のことですが、卵は年齢とともに成熟していきます。さらには老化していってしまいます。卵の老化というのは具体的にには染色体の異常ということになります。

 

染色体異常は自然流産をおこしてしまいます。年代別にみてみると20代では10%強といわれている流産の確率なのですが、40代では30%以上になるといういわれています。そして染色体に異常があると先天異常の原因になってしまうことがあります。そして自然流産の半分以上は、染色体異常で起こるといわれています。あまり意識していませんでしが、子供を育てるには体力がかなりいりますので若いうちに出産することが望ましいのかもしれません。

妊娠中の合併症についてご存知でしょうか?年齢が高くなってくると自然と高血圧や糖尿病などの成人病になりやすくなってしまいます。この成人病が妊娠中毒症の原因となってしまう場合があります。ひどい妊娠中毒症の場合には胎盤の発達が悪くなってしまいますので、お腹のなかにいる赤ちゃんが栄養不足になってしまうことがあります。

 

余談なのですが、加齢とともに卵の数自体がへっていってしまいきます。特に30代後半からは急激に減ってしまうため自然と妊娠しにくくなります。次に分娩障害についてですが、個人差はもちろんありますが、高齢初産の場合には産道が硬くなってしまうため分娩が長びく傾向にあります。遷延分娩と呼ばれる分娩時間が長引く場合の基準としては、初産で30時間、そして経産婦で15時間となります。

 

分娩が長引いてしまうと妊婦さん本人もつらいですが赤ちゃんも仮死状態になってしまう頻度が高くなってしまいます。そういった点が問題となっています。あまりにも分娩が長引いてしまえば帝王切開となってしまいます。ちなみに経産婦さんは1回、産道が開いていますし、柔らかくなっているので、時間がたっていても大丈夫だといえます。

不妊治療を受けてから高齢出産に望む場合には多胎が多いそうです。たとえばイギリスでは双子以上の出産が増えたという例があります。ただ、多胎出産は低体重児や脳性麻痺などのリスクも高いとされています。HFEA(Human Fertilisation and Embryology Authority イギリス受精胎生局)は母子の健康を考えて、使用する胚の数を2つまでに制限するというように2004年1月に発表しました。

 

高齢出産のメリットとしては、なんといってもゆとりがあると思います。まずは、経済的に安定している場合が多いということです。経済面でみればゆとりがあるということは子供を産み育てる場合の大きなポイントとなると思います。それから精神的な面にも注目してみるとよいでしょう。

 

生まれてくる赤ちゃんにとって、『待ち望まれていて、ゆったりした気持ちで迎えられる』というような生活環境は何よりも替えがたいものですよね。自分の人生のどこで子供を作るかということは、医療が進んでくれば色々な選択肢があると思います。メリットやデメリットを良く知ってから賢く選ぶようにしましょう。

高齢出産の準備をするために乾物パワーを取り入れてみてはいかがでしょうか。乾物に秘められたパワーがあることをご存知でしょうか。乾物が優秀なのは保存面からみた「機能面」だけではありません。「栄養価」もとても優れています。乾物として販売されている商品は「生」で食べるよりも「乾物」から調理したものを食べれば栄養が豊富に取れるものがほとんどです。

 

天日に干されたものは太陽の光のエネルギーをたくさん受けています。栄養素としてあ、鉄分や食物繊維やビタミン、ミネラル、カルシウムなどがたくさん凝縮されます。栄養価が多くなりますので多いものでは30倍にもなります。乾物はわりと安価に手に入れることができます。このように栄養だけではなくて、自然の光のエネルギーがつまった食材を取り入れることはとても大切です。

 

普段の生活ではもちろんですが、赤ちゃんを授かる日を待っている女性たちや妊娠中・産後の女性の力が活用される時にも力強い味方となってくれます。妊娠すると多かれ少なかれ貧血になってしまいます。妊娠する前の方はひじきなどを大いに活用して、今から血液を「貧血」から「豊血」状態にしておくと良いでしょう。

高齢出産の準備には、ぜひ乾物パワーを取り入れてみるとよいでしょう。乾物には由来があり、また乾物の栄養やエネルギーの強さなどもありますので妊娠したい女性には乾物をおすすめしています。乾物を楽しく取り入れていき簡単していけば日々のお料理も楽しくなるのではないでしょうか?ところで乾物料理は手間がかかるのでしょうか?

 

乾物を使用する時には、水に30分浸けておくようにしたり、よく洗ったり、絞ったりとしなければならないため手間かかってしまい面倒だと思われることは多いですよね。確かにひと手間かかります。でも、急いでいる時にはお湯で戻したり電子レンジで温めることでも使うことができます。汁物であればそのまま放り込んで戻すといった方法もあります。

 

時間のないときこそ、常備してある乾物のクイック料理ができれば、お買い物の時間も節約することができると思います。手っとり早い食材といえば海草たちの活用です。海草はノーカロリーでミネラルが豊富に含まれており体内毒素の解毒をすすめてくれる食材としても有名です。海苔などは造血作用も高いといわれています。

乾物をつかった手早くつくれるお料理のおすすめは、お味噌汁に根昆布やとろろ昆布を入れることです。ワカメは手軽な乾物なのですが、戻すときに多くなってしまうこともありますので量に注意したほうがよいでしょう。ワカメや切干大根は冷水で戻しておいて、ポン酢などをつけてもおいしく食べることができます。

 

そのため、スピーディに小鉢のおかずを1つ増やすこともできると思います。あなた好みの味付けを見つけてみるとよいでしょう。また、具だくさんスープも簡単に作ることができますので活用してみましょう。緑豆春雨のスープを作る要領で、お椀にカットしたワカメや干し椎茸や干しえび、麩などを入れましょう。

 

戻りにくいものはお湯で戻してみたり、汚れていたら洗っておくとよいでしょう。春雨はハサミで切って入れれば食べやすいです。スープの味付けは薄味にしておいて、乾物の旨味を味わうのであれば塩を少し加える程度にしましょう。めんつゆを活用すれば簡単にしかも美味しく楽しむことができます。中華スープのもとを使えば中華風の味付けを楽しむことができます。

高齢出産には、ひじきを常食にすることをおすすめしたいと思います。定番の乾物料理といえば、なんでしょうか?お惣菜屋さんもあるひじきの煮物や切干大根が代表的なお料理だと思います。ひじきは栄養がたっぷりとありますが、一度にたくさん食べることは少し大変だと思います。たくさんひじきの煮物を作ってしまった!という場合にはレスキューレシピを利用しましょう。

 

余ったひじきの煮物は密閉できる袋に入れるか、小分けしておいてラップに包んで冷凍保存しておきます。そして新たに使用する時に自然解凍しましょう。ひじきのお好み焼きは水に卵を溶かしてから、小麦粉を加えます。そこに解凍したひじきの煮物にほうれん草やネギなどを加えて、おせんべいくらいの大きさに分けましょう。あたためたフライパンでお好み焼きの要領で焼いていきます。ゴマ油で焼けば韓国風チヂミになります。ちりめんじゃこなどの小魚を加えるとカルシウムがアップできます。

 

ひじきご飯は、溶いた卵に解凍したひじきの煮物を加えていき、フライパンでいり卵を作ります。そのままで小鉢に入れても良いのですが、温かいご飯と混ぜて混ぜご飯にすればとてもおいしいですよ。乾物料理は手間がかかるたえ、多めに作っておいてストックするととても便利に活用できます。も栄養価も高いですし、高齢出産の妊婦さんやこれからおめでた準備のみなさんはぜひ常食にしましょう。

高齢出産をする人が増えてきましたので、高齢出産に関する本もいろいろと出ています。一時期は、「高齢出産にはこのようななリスクがある」という知識を中心にした医学情報の本が目立ちましたが、最近では元気になれる本が色々と出ています。そのような書籍の中から、おすすめ本を3点をご紹介したいと思います。まずは『産んでよかった!「高齢出産」』大葉ナナコ著(祥伝社)です。

 

妊娠を考える時期から産後までを応援している本です。この本は、バースコーディネーターで、All About「共働きの出産・子育て」ガイドをしている大葉ナナコさんの本で高齢出産を「ミッドライフ出産」と呼んでおり、積極的に人生を楽しむひとつの方法としての高齢出産像を見せてくれています。さまざまな医学的リスクには、それぞれの情報を「こんな気持ちで向き合おう」という前向きなとらえ方で紹介sています。

 

安産準備術や産院選びについても詳しく掲載されていますので、不安な人もこういう行動を通じて自信をつけていけると思います。次に『40代初産をはじめた女性たち』新井容子著(情報センター出版局)です。仕事、結婚、そして出産から女性の人生を描いています。40代で初めて母となった女性たちのケースが、出産体験や不妊体験というより、むしろその人生や結婚を中心として描かれています。

 

ひとりずつ詳細に語られている等身大のドラマは、どれも周りの誰かを感じさせるものだと思います。ひとりずつが独自で、かつ普遍的なものを含んでいるように思われます。実際に遅く産んだ人とじっくりとお話しして色々考えたい、という方にはぴったりの本あと思います。最後に『35歳からの妊娠』畑山博、中山孝弘著(主婦の友社)です。この本はわかりにくい妊娠の医学がスッキリとわかります。

 

不妊治療治療を視野に入れながら、高齢妊娠を考えたい人に向けた本です。医師による本では、堅くなくてユーモアもあるこの本をおすすめしたいと思います。ホルモンの仕組みを会社の指揮系統に例えて解説するなど、どのページも語り口が軽いので、スキッとわかりやすいのが特徴です。

女性の妊娠力が下がり始めるのは33歳からといわれています。「子供は何歳まで産める?」ということを女性がい気にしている時代は今くらいのものでしょう。子供を持つかどうかを悩んでいるという人は、たいていの方が「35歳までには、産もう」というように思っています。でも、その35という数字に何の根拠があるのでしょうか。それは「35歳から高齢初産と呼ばれる」というだけの理由なのです。

 

実際には産婦人科医の間では、卵子が妊娠する能力はそれよりも早い33歳くらいから下がり始めると言われています。体外受精の成績はそのあたりの年齢から下がってくるためです。体外受精の成功率は、33歳なら20代と同じで4割くらいが妊娠することができますが、40代にはいれば数%にまで下がってしまいます。そして37〜38歳から、さらに妊娠しづらい傾向に拍車がかかってしまいます。

 

妊娠しにくい人は25才では3.5%となりますが30代から少しずつ増えていき35才では11%、40才では33%になります。 宗教上の理由などから避妊をしない妻たち1000人を調査した海外の調査などもあります。それによっても、やはり30代になるくらいから妊娠率が下がり始めていき37〜38歳からそれに拍車がかかるという形になったそうです。

妊娠力について以前にもお話しましたが、当たり前のことですが、35歳という境界線で世界をわけてしまい変わるわけではありません。人間の身体というものは少しずつ、少しずつ変化しています。30代少し過ぎから、10年以上の時間をかけてだんだんと変わっていくのです。避妊をやめたとしてもすぐに妊娠しないかもしれないしれません。それは30代の中頃になって妊娠力が落ちてきてしまうとなかなか妊娠しないかもしれないということなのです。

 

若い頃は妊娠しないように気をつけることで頭が一杯だった人も、妊娠することができることのありがたさを感じる人は少ないのではないでしょうか。ところが、赤ちゃんが欲しいと思っているとなかなか妊娠することができなかったりするのです。これはつまり「不妊」といわれる状態になります。どこも悪いところがなくても、人は卵子の老化、つまり加齢によって不妊になります。

 

さらにいえば、性生活というものは、結婚してから何年も経過すれば回数が減っていくということは自然な姿だと言っていいでしょう。これも、妊娠しにくい原因になってしまうのです。子どものいるカップルは、結婚してから2年くらいで産むケースが圧倒的に多いそうです。その後はどんどん減ってきます。30代で、パートナーと性的な関係になってから年月が経っているという人は自分たちがセックスに興味を失いかけていないか見直してみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんを35歳までに産みたかったら、30歳でそろそろ考えるようにしましょう。35歳をひとつの節目と考えていて「35歳までは子どもがなしでもいいかな」と考えている人は最近ではとても多いようです。しかし35歳の妊娠力を考えれば、35歳で避妊をやめるということでは少しおそいかもしれません。35歳から数年経過してしまうと妊娠しやすさはもう20代の半分くらいになってしまいます。

 

もちろん、子供を欲しくなる気持ちに年齢制限はないのですが、40代にはいって子供が初めて欲しくなって何人か出産する人もいます。それはすばらしいことだといえるでしょう。しかし、今「35歳までは大丈夫」というように思っている方は、事情が許すのであれば心の余裕を持ってゆったりとコウノトリを待つようにしましょう。焦るストレスから妊娠が遠ざかったりしたらつまらないことですよね。

 

高齢出産であってもけっして神経質になることはありませんが、若い人に比べれば次のようなリスクがあります。それは流産が増えるという点です。20代での流産率は1割くらいなのですが、40代では2割くらいにふえてしまいます。これは「妊娠しにくい」のと同じような理由で、卵子が老化してしまい育たないものを含む率が高くなってしまうからです。これは子宮が弱っているということではありませんので注意しておきましょう。

高齢出産のリスクについてご紹介します。高齢出産のリスクとしてはダウン症の発生率が増えるという点があげられます。20代では発生率は1000人中ひとり以下なのですが、35歳では3人くらいになります。そして、40代では10人くらいに増えてしまいます。若い妊娠ではあまり考えないことなのですが、子どもの障害についてきちんと考えることは、高齢出産をする人の「課題」だともいえます。

 

また高齢出産の場合、帝王切開が増えるという点もあります。妊娠中毒症の症状が重くなる人や糖尿病などの持病がある人、そして不妊治療後に多い「大事を取っての帝王切開」などから、帝王切開率はどうしても高くなってしまいがちです。高齢出産はかなり大変そう、だと感じるかたもいることでしょう。

 

お産というものは、もともと人生の大仕事だといえます。20代であっても、たくさんの人が困難な妊娠・出産にチャレンジしているのです。流産や帝王切開なども、実は、若い人でも10人に1人以上が経験していることです。卵子の老化の問題は大きいことですが、ひとたび安定期まで入った妊娠であれば現代の高齢出産においてはかなり安全性の高いものになっています。

「高齢出産は怖いから産まない」という選択をするかたも中にはいることでしょう。しかし、20代で出産しても、大変なお産をする人はたくさんいます。なぜ高齢の人だけが、出産のリスクについて知りたがるのでしょうか。若い女性は、それほどリスクの情報を欲しがっておりません。それは出産について自信があるからでしょう。

 

そして「なんとかなる」と思えるのも若さだからかもしれません。老化とは、そういう勇気を失ってしまい昨日と同じようなことしかできなくなっていくことなのです。20代に出産する人たちも、たくさんの人が帝王切開や流産をしていますし、染色体異常で赤ちゃんを出産することもあります。それでも「やるしかない」と思ったらがんばれるのではないでしょうか。

 

応援してくれる人は、あなたのまわりにきっといるはずです。もしも、周りにいなければ地域の育児サークルや保健センターなどへ誰かを捜しに出かければきっと道が見えてくるのではないでしょうか。高齢出産で子供を持てば、多くの人が今までと違って自分を発見したような気分になるとおもいます。大人だけの世界で長く生きてきた人にとって予定通りに行くことや、だれかが安全性を保証してくれることに慣れすぎてしまい出産や赤ちゃんには振りまわされるような感じがすることがあります。

 

しかし、子供や老人、病人、さまざまな人から世界は成り立っています。そしてみんな不確実な命を1つずつ持っており、ある人はその力が弱いけれど、それでも大事に生きています。妊婦さんになるということは、ある意味、若くても高齢でも命がけなのです。そして、元気な子に恵まれれば本当にありがたく感じることができますし、自分の命にも感謝できるのではないでしょうか。

35歳以上で初産の場合には、一般的にいうと「高齢出産」と呼ばれます。35歳以上の出産でも、2回目以降の出産に関しては「高齢出産」とは呼ばれないことをご存知ですか?初めての出産と2回目以降の出産では、産道の柔らかさや骨盤の状態などが大きく異なるという観点から、区別されるようになったそうです。高齢出産は、全体の割合からすると、まだまだ少数派です。

 

厚生労働省の情報によると、2005年における35歳以上の初産は全体の約5%という数値が出ているからです。しかし、高齢出産は増える傾向にあります。その理由の一つに、医療の進歩のお陰で年齢の高い女性が安全に出産することができるようになった点が挙げられます。また、女性の社会進出が進んだため世の中では晩婚化がすすでいます。このような事柄も社会的な背景として考えられます。

 

高齢出産にはさまざまなリスクが伴うと巷では言われています。例えば、難産になりやすいとか、流産しやすい、ダウン症候群などの染色体異常が起こる確率が高くなったり、妊娠高血圧症候群になりやすい、というような点です。確かに、統計上の数値が示すこれらの確率の年齢による変化は、無視することはできません。しかし、これらのリスクは、数ある妊娠・出産のリスクの中の、一部に過ぎないのです。また、35歳を境に劇的に変化が訪れるわけではありません。35歳以上の妊婦さんが必ずこれらのリスクに見舞われるということではありません。