高齢出産のイメージ

「高齢出産」と言う言葉は最近、よく耳にするようになりましたよね。高齢出産は普通の出産とくらべてみるとどこが違うのでしょうか?また、わざわざ高齢出産として妊婦さんを分けるのか疑問におもいますよね。この世の全ての出産は平等だとかんがえれば年齢がいくつであっても子供をこの世に授かる神秘的行為を年齢が高いというだけで高齢出産として分類するのか不快に感じるかたもいると思います。

 

高齢出産のイメージはどういったものなのでしょうか。それは「危険」、また「大変」というようなマイナスイメージを答える方が多いとおもいます。しかし、どのような出産でも大なり小なりのリスクはあると思います。高齢出産になるとそのリスクを伴う確率が少しだけ「増す」と言われていて高齢出産と言う枠組みは増すであろうそのリスクを妊婦さんが背負わないようにサポートしてあげることを意味しているのかもしれません。

 

高齢出産であっても育んだ命の重さは全く変わらないとおもいます。そして子供を愛しいと思う親の愛情も全く変わらないでしょう。ただ妊娠期と出産に頑張らなくてはならないかもしれません。ママが高齢出産だからと不安がって元気を無くしていては赤ちゃんも心配してしまうかもしれません。高齢出産についてきちんと学んでリスクや不安を解消できれば一番良いと思います。