高齢出産とは?

高齢出産とは?

高齢出産とは35歳以上での初めての出産をむかえるという女性、あるいは40歳以上での二人目、もしくは三人目のお子さんを出産される場合をさしています。35歳や40歳が高齢者なのだろうか?というように不思議に思われるかたもいるかもしれません。一般的に高齢者と呼ばれる方は70歳前後のお年を召された方だとおもいます。35歳や40歳くらいの方たちが高齢者と呼ばれるということは殆ど無いとおもいます。

 

妊娠や出産といった人智を超える世界の中ではさままな統計学的そして医学的にみて妊娠・出産・子育てに絶えることができる年齢は40歳前後の女性の体だと判断されているからです。そのため40歳前後でも高齢というように言われるのです。しかし、これはあくまでも統計の数値をみただけのことなので40歳を過ぎてしまうと妊娠することが出来ない、または子育てが出来ないと言うようなことではありません。

 

間違っても「私はダメなのかもしれない」というように思わないで欲しいのです。もしも、女性が100人いたら100通りの妊娠、そして出産、子育てがあるのです。お母さんになろうとする女性は本当に底知れぬ力をもっているとおもいます。統計上の数値など関係ないじゃないか!というような熱い気持ちを持って高齢出産ライフを計画してみてもよいかもしれませんよ。