世界高齢出産はいくつ?

世界でも最高齢で高齢出産をした方をご存知ですか?実は2006年12月に67歳で双子の赤ちゃんを産んだスペイン人の女性が現在では世界最高齢出産者とされているそうです。この方は、不妊治療を行うときに自分の年齢を55歳と偽っていたそうです。そうして不妊治療を受けていたようなのですが、どうしても新しい命を授かりたいと思う気持ちがあったのだと思います。

 

しかし、あまりにも高齢なために子供が成人するまで生きていられるのか?というような心配事や経済的に大丈夫なのか?というような批判する声も見られたそうです。その方は、提供された卵子と精子を人工受精させて出産したので、生まれてきた子どもとこの女性の場合、全く血の繋がりはないそうです。けれども大切に大切に育ててきた命なので母親の愛情は計り知れないと思います。

 

これは、生まれてきてからも変わることの無い母の愛情だとおもいます。血の繋がりを超えて親子の関係が築くことができればとても幸せなことだとおもいます。このスペイン女性は、どうして高齢出産と言う道を選んだのでしょうか。それは分かりませんが高齢出産を考えている女性にとってはとても心強いニュースになったのだと思います。