高齢出産について知ろう

高齢出産の場合には様々なリスクやトラブルがあると言われています。そのため妊娠初期から妊娠4ヶ月目(安定期)までのあいだは特に気をつけて生活することが必要となってきます。それでなくても高齢出産は不安定なものだとされているため安定期に入るまでは本当に油断することはできないのです。高齢出産では知らないうちに流産していたというような話もよくあります。

 

お腹もまだ目立っていなくて、子宮内の写真を撮ってもまだ胎児と認識することが出来ない期間であり、お母さん自身も「自分が妊娠した」と言う意識が薄くて、ただでもリスクのある高齢出産をあまり意識していないことが原因の一つと言われています。元気な我が子に会いたいと願っているのであれば妊娠したと分かった時点で自分は高齢出産なのだいうような意識を持つことも必要です。

 

そして高齢出産についてきちんと勉強しておき、お腹の中の赤ちゃんを守ってあげましょう。早期の流産は遺伝子異常によるものも多いのでこればかりは、医学の力でもまだ未解明な部分があるそうです。やっと授かったわが子が流産してしまったらとても悲しいことだと思います。妊娠初期に気をつけるべきことで赤ちゃんを守れるのであれば色々なことを試していきたいですよね。