高齢出産と歯の衛生について

高齢出産と歯の衛生についてご紹介したいとも居ます。高齢出産では女性ホルモンのバランスが変化したり栄養不足のために虫歯や歯周病などの歯の病気が悪化することもあります。常に口の中をきれいにしておくkとが大切です。また、バランスの摂れた食事に気を付けるようにして、それでも悪化するようでしたらつわりの時期が終わったら歯医者にかかるようにしましょう。

 

もちろん歯医者さんでは妊娠していることを医師に伝えるようにしましょう。赤ちゃんが生まれれば忙しくなりますので暫く歯医者にも通えない日々が訪れてしまいます。妊娠中に治せる病気は医師と相談しながら治療していったほうがよいでしょう。最近では、産院が閉鎖していくといった現状がかなりおこなっています。そのため、赤ちゃんを産む場所についてもよく考えなければなりません。

 

高齢出産ではリスクがつきものとなっていますので、何かあったらすぐに対応してもらえるような出産専門医院や大学病院、総合病院でお産をすることをお薦めします。お産のトラブルから妊婦さんをたらいまわしにし結局亡くしてしまったというニュースが以前にも有りましたよね。これは悲しいことですが、現実なのです。子供の誕生日とお母さんの命日が同じ日なんてどう考えても受け入れられないでしょう。このようなことが二度と繰り返されないようシステム改善をしてもらいたいと思います。