高齢出産の定義

高齢出産の定義

最近よく芸能人などでも40代以上の女性が妊娠っていうニュースをみることがあります。高齢出産とは、いくつからなのでしょうか?また、気持ちの問題なのでしょうか?高齢出産と普通の出産って何が違うのでしょうか?女性の健康という点でみても『高齢出産って具体的にどのようなもの?』という疑問がわいてくると思います。

 

『高齢出産』にはWHO(世界保健機構)や日本産婦人科学会が提唱している定義があります。そして、それにはきちんとした理由があります。35歳以上では何が変わるのでしょうか?そして、高齢出産っていくつからなのでしょうか?高齢出産の定義としては35歳以上の初産があてはまるようです。じつは『高齢出産』に関しては厳密な定義はないです。

 

しかし、だいたい35歳以上と考えられています。ただ、『高齢初産』に対しては次のような定義があります。日本産婦人科学会の定義として『高齢初産』は『35歳以上の初産婦』と定義されています。ただしこのことは1993年以降の話です。それまでは『30歳以上の初産婦』でした。社会的に30歳以上の出産が増えたこともありますが、さまざまな結果から実質的に35歳以上だと(とくに初産)色々なリスクが高まることから変更されたようです。