高齢出産のメリット

不妊治療を受けてから高齢出産に望む場合には多胎が多いそうです。たとえばイギリスでは双子以上の出産が増えたという例があります。ただ、多胎出産は低体重児や脳性麻痺などのリスクも高いとされています。HFEA(Human Fertilisation and Embryology Authority イギリス受精胎生局)は母子の健康を考えて、使用する胚の数を2つまでに制限するというように2004年1月に発表しました。

 

高齢出産のメリットとしては、なんといってもゆとりがあると思います。まずは、経済的に安定している場合が多いということです。経済面でみればゆとりがあるということは子供を産み育てる場合の大きなポイントとなると思います。それから精神的な面にも注目してみるとよいでしょう。

 

生まれてくる赤ちゃんにとって、『待ち望まれていて、ゆったりした気持ちで迎えられる』というような生活環境は何よりも替えがたいものですよね。自分の人生のどこで子供を作るかということは、医療が進んでくれば色々な選択肢があると思います。メリットやデメリットを良く知ってから賢く選ぶようにしましょう。