女性の妊娠力について

女性の妊娠力が下がり始めるのは33歳からといわれています。「子供は何歳まで産める?」ということを女性がい気にしている時代は今くらいのものでしょう。子供を持つかどうかを悩んでいるという人は、たいていの方が「35歳までには、産もう」というように思っています。でも、その35という数字に何の根拠があるのでしょうか。それは「35歳から高齢初産と呼ばれる」というだけの理由なのです。

 

実際には産婦人科医の間では、卵子が妊娠する能力はそれよりも早い33歳くらいから下がり始めると言われています。体外受精の成績はそのあたりの年齢から下がってくるためです。体外受精の成功率は、33歳なら20代と同じで4割くらいが妊娠することができますが、40代にはいれば数%にまで下がってしまいます。そして37〜38歳から、さらに妊娠しづらい傾向に拍車がかかってしまいます。

 

妊娠しにくい人は25才では3.5%となりますが30代から少しずつ増えていき35才では11%、40才では33%になります。 宗教上の理由などから避妊をしない妻たち1000人を調査した海外の調査などもあります。それによっても、やはり30代になるくらいから妊娠率が下がり始めていき37〜38歳からそれに拍車がかかるという形になったそうです。