妊娠力とは

妊娠力とは?

妊娠力について以前にもお話しましたが、当たり前のことですが、35歳という境界線で世界をわけてしまい変わるわけではありません。人間の身体というものは少しずつ、少しずつ変化しています。30代少し過ぎから、10年以上の時間をかけてだんだんと変わっていくのです。避妊をやめたとしてもすぐに妊娠しないかもしれないしれません。それは30代の中頃になって妊娠力が落ちてきてしまうとなかなか妊娠しないかもしれないということなのです。

 

若い頃は妊娠しないように気をつけることで頭が一杯だった人も、妊娠することができることのありがたさを感じる人は少ないのではないでしょうか。ところが、赤ちゃんが欲しいと思っているとなかなか妊娠することができなかったりするのです。これはつまり「不妊」といわれる状態になります。どこも悪いところがなくても、人は卵子の老化、つまり加齢によって不妊になります。

 

さらにいえば、性生活というものは、結婚してから何年も経過すれば回数が減っていくということは自然な姿だと言っていいでしょう。これも、妊娠しにくい原因になってしまうのです。子どものいるカップルは、結婚してから2年くらいで産むケースが圧倒的に多いそうです。その後はどんどん減ってきます。30代で、パートナーと性的な関係になってから年月が経っているという人は自分たちがセックスに興味を失いかけていないか見直してみてはいかがでしょうか。