赤ちゃんを35歳までに産みたい場合

赤ちゃんを35歳までに産みたかったら、30歳でそろそろ考えるようにしましょう。35歳をひとつの節目と考えていて「35歳までは子どもがなしでもいいかな」と考えている人は最近ではとても多いようです。しかし35歳の妊娠力を考えれば、35歳で避妊をやめるということでは少しおそいかもしれません。35歳から数年経過してしまうと妊娠しやすさはもう20代の半分くらいになってしまいます。

 

もちろん、子供を欲しくなる気持ちに年齢制限はないのですが、40代にはいって子供が初めて欲しくなって何人か出産する人もいます。それはすばらしいことだといえるでしょう。しかし、今「35歳までは大丈夫」というように思っている方は、事情が許すのであれば心の余裕を持ってゆったりとコウノトリを待つようにしましょう。焦るストレスから妊娠が遠ざかったりしたらつまらないことですよね。

 

高齢出産であってもけっして神経質になることはありませんが、若い人に比べれば次のようなリスクがあります。それは流産が増えるという点です。20代での流産率は1割くらいなのですが、40代では2割くらいにふえてしまいます。これは「妊娠しにくい」のと同じような理由で、卵子が老化してしまい育たないものを含む率が高くなってしまうからです。これは子宮が弱っているということではありませんので注意しておきましょう。