高齢出産のリスク

高齢出産のリスクについてご紹介します。高齢出産のリスクとしてはダウン症の発生率が増えるという点があげられます。20代では発生率は1000人中ひとり以下なのですが、35歳では3人くらいになります。そして、40代では10人くらいに増えてしまいます。若い妊娠ではあまり考えないことなのですが、子どもの障害についてきちんと考えることは、高齢出産をする人の「課題」だともいえます。

 

また高齢出産の場合、帝王切開が増えるという点もあります。妊娠中毒症の症状が重くなる人や糖尿病などの持病がある人、そして不妊治療後に多い「大事を取っての帝王切開」などから、帝王切開率はどうしても高くなってしまいがちです。高齢出産はかなり大変そう、だと感じるかたもいることでしょう。

 

お産というものは、もともと人生の大仕事だといえます。20代であっても、たくさんの人が困難な妊娠・出産にチャレンジしているのです。流産や帝王切開なども、実は、若い人でも10人に1人以上が経験していることです。卵子の老化の問題は大きいことですが、ひとたび安定期まで入った妊娠であれば現代の高齢出産においてはかなり安全性の高いものになっています。