高齢出産は怖いから産まないという選択

「高齢出産は怖いから産まない」という選択をするかたも中にはいることでしょう。しかし、20代で出産しても、大変なお産をする人はたくさんいます。なぜ高齢の人だけが、出産のリスクについて知りたがるのでしょうか。若い女性は、それほどリスクの情報を欲しがっておりません。それは出産について自信があるからでしょう。

 

そして「なんとかなる」と思えるのも若さだからかもしれません。老化とは、そういう勇気を失ってしまい昨日と同じようなことしかできなくなっていくことなのです。20代に出産する人たちも、たくさんの人が帝王切開や流産をしていますし、染色体異常で赤ちゃんを出産することもあります。それでも「やるしかない」と思ったらがんばれるのではないでしょうか。

 

応援してくれる人は、あなたのまわりにきっといるはずです。もしも、周りにいなければ地域の育児サークルや保健センターなどへ誰かを捜しに出かければきっと道が見えてくるのではないでしょうか。高齢出産で子供を持てば、多くの人が今までと違って自分を発見したような気分になるとおもいます。大人だけの世界で長く生きてきた人にとって予定通りに行くことや、だれかが安全性を保証してくれることに慣れすぎてしまい出産や赤ちゃんには振りまわされるような感じがすることがあります。

 

しかし、子供や老人、病人、さまざまな人から世界は成り立っています。そしてみんな不確実な命を1つずつ持っており、ある人はその力が弱いけれど、それでも大事に生きています。妊婦さんになるということは、ある意味、若くても高齢でも命がけなのです。そして、元気な子に恵まれれば本当にありがたく感じることができますし、自分の命にも感謝できるのではないでしょうか。